So-net無料ブログ作成

CDの価値 [雑記]

teru.PNG

GLAYの新譜が「iTunesとかでDLもできるけどCDはOfficial通販のみ」で販売というくだりで
ファンから「Official限定だと思ったらDLで買えるなんてパッケージの意味が薄れるのではないか?」
というツッコミに対するレスです。
※一応調べて記事にしてますが何か間違いがあったらごめんなさい。

この件にかぎらずですがCDは現物が欲しいって人と
DLがいいという二派は存在している気がします。


・CD
特典が目当てや手元に現物を置いて置きたいコレクターの人向け。
リッピングすると基本的に音質は落ちてしまうのでいい音で聴きたいもこっち。
また、手元にあれば取り込んで以後データを消失しても何度でも取り込める。
ジャケやブックレットなどアートワークも楽しめる。貸し借りができる。場所をとる。
新品であればDLより高いが中古ならDLより安いことが多い。
絶版や売り切れがある。

・DL
音だけ聴ければいいやって人向け。
店に行く手間がなく、通販のように配送にかかる時間もない。
取り込んだりする手間がない。場所を取らない。
もろもろの問題によりファイルの移動など融通があまり効かないところがある。
CDより音質が劣ることが多い。基本的に売り切れない。
新品ならCDより安いけど、中古だとCDより高い事が多い。
あとはなんといっても手元に現物が残らない。

個人的には上記のような区分けですかね。


私は最近だとLUNA SEAの新譜をiTunes storeで買いました。
SUGIZOのシングルなんかも全部配信ですね。

ネットで見つけて良いと思ったよく知らないアーティストは
amazonで買うことが多いです、店に行ってもあるかわからないし。

店頭でCDを買うことはほとんどなくなりました。
ポスターとかカードとか特典は基本的に必要ないし、定価だと高いし。

そんな感じですかね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

素人ギタリストの独り言ブログ。ギターや機材、音楽について綴ります。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。