So-net無料ブログ作成

INORAN [雑記]

機材ネタばかりなので、たまには聴く方の音楽の話しも。


というわけで、本日のテーマはINORAN。

先に結論を書くとソロアーティストINORANは
「派手さはないけど、とてもセンスのある、雰囲気のある楽曲に長けたアーティスト」です。



INORANといえばLUNA SEAのイメージが強い人が多いんじゃないでしょうか?

アクの強い他のメンバーに比べ、寡黙で
プレイ自体にあまり派手さはないものの
職人的なクリーントーンでバンドに色を添えるギタリスト。


そんな風に思っているあなたもきっとこの記事を読んだあとには
アルバムを何枚かポチっているに違いない(笑)


バンドがSYTLEで一旦休止してからソロとしてのキャリアがスタートしたんですが
当時の自分はあまり興味がなかったので触れずじまい。

というか、まだギターを始める前でそもそも音楽自体にさほど興味がなく・・・。

その後、ギターを始めてLunaSeaを聴きましたが
          -中略-
時は流れ流れてLunaSeaは終幕。

そして、初めてINORANに触れたのが
解散後に出したアルバム「Fragment」



Fragment

Fragment

  • アーティスト: INORAN,INORAN
  • 出版社/メーカー: イーストウエスト・ジャパン
  • 発売日: 2001/07/25
  • メディア: CD




打ち込みもありますが全体的な雰囲気は
前のバンドであるLUNA SEAを踏襲している感が否めない気もします。

要するにryuichiが歌っていても
あまり違和感のない曲が多いかなという感じです。


しばらく気に入って何度か聴きましたが
特にはまることもなく、その後のINORANを追うことはありませんでした。



さらに時は流れ、元ジュディマリのギターTAKUYAのブログを見ていたらこんな記事が。


リンクをたどってみるとどうやら新しいアルバムが出るそうな。
youtubeに公式のPVがあったので色々見て回ったのですが↓これにやられました。




これはかっこいい、素晴らしい!

以前はちょっとアレだった歌も大分よくなってるし
Fragmentを聴いた時の元LUNA SEA感よりも
洗練されたオリジナリティを感じました(笑)

というわけで、出ているアルバムをTUTAYAで全部レンタル。
(ほんとは全部購入したいところですが、如何せんお金が(ry)


一通り聴いてみて全体的な感想としては"雰囲気が良い"の一言です。

ギター小僧的には、超絶技巧でも何でもないですし
はっきり言って歌も上手くありません。

それでも、収録されている楽曲は雰囲気のある曲が多く
決してうまくはないですが、アンニュイなボーカルが
それら楽曲に非常にマッチしています。

気合を入れて聴くよりはボーッとしている時なんかになんとなく聴きたい曲が多いですね。

ただし、系統的にミドルテンポが多く一本調子なところもあるので
そういうのが苦手な人にはおすすめしません。


以上、私の思うINORANについてでした。


ディスクレビューなんてしないので
これでINORANの魅力が伝わったかわかりませんが
宣伝に一役かうことができればコレ幸いです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

素人ギタリストの独り言ブログ。ギターや機材、音楽について綴ります。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。